と言う歌が若かりし頃ありました
今でも耳に残っています
IMG_3170

ダブル